補助金活用 介護住宅リフォーム

介護リフォーム3つのメリット

高齢者の事故の予防

ちょっとした段差でも転落や転倒の引き金になります。
それが原因で骨折し、寝たきりになるなどの事態も招きかねません。
介護リフォームでこうした部分をリフォームすることで、事故を予防できます。

自立度のアップを目指す

介護リフォームによって「自分でできることが増える」ことで、日常の行動範囲が広がり、健康的な生活を維持することができます。

介助者に心身のゆとり

動きにくい間取りや使い勝手の悪い設備は介助する人に、肉体的・精神的負担をかけます。
介助のしやすい介護リフォームを施すことで、介助者に心身の負担を軽くすることができます。

受領委任払いとは

利用者は、工事費全額のうち保険支給額を除いた金額のみ施工事業者に支払い、保険支給額の受け取りについて施工事業者に委任します。保険支給額については市から施工事業者に支払うことにより、住宅改修をより利用しやすくするものです。
※例えば、工事費総額20万円の介護保険の対象工事を行った場合(支給額は20万円の9割=18万円)

shi100.jpg

shi101.jpg ※船橋市在住の方は「受領委任払い」ができます。
その他の地域は、お気軽にお問合せください。

補助金対象工事

手摺りの取付け
階段・廊下・浴室・玄関など要所要所に設置しましょう。
段差の解消
家の中の段差・家の外の段差をなくすことが事故を防ぎます。
床・通路面の材料の変更
使用する素材は慎重に選びましょう。
扉の取替え
引き戸にすると車椅子でも使え、開閉が便利です。
便器の取替え
和便器から洋便器への取替えで、足腰・膝への負担を軽減します。
その他
上記の住宅改修に付帯して必要な住宅改修
■手摺の取付けの為の壁の下地補強など
■浴室の段差解消に給排水設備工事など
■床材変更の為の下地の補強や通路面の材料の変更の為の路盤の整備など
■扉の取替えに伴う壁・柱の改修工事など
■便器の取替えに伴う給排水設備工事・床材の変更など